『大型バイク駐車場』検索サイト

バイク駐車場検索は『BIKE CUBE JAPAN』

東京・神奈川・埼玉・千葉・関西近郊を中心とした月極バイク駐車場・バイクガレージ情報の紹介
会社概要 お問い合わせ 採用情報 関連リンク 関連リンク サイトマップ ショップの皆様へ プライバシーポリシー
駐車場一覧 ご契約の流れ ガイド記事 ガレージ購入
運営会社の紹介 事業用地募集 マスコミ トップページ
BIKECUBEって?
設置リクエスト
広告掲載について
バイクキューブのオーナー募集
バイクの盗難情報
キャンペーン情報
リンクについて
バイク駐車場ならBIKE CUBE JAPAN
相互リンクご希望の方は
こちらをご覧下さい
PR
一人暮らしStyle
ダイレクト賃貸
相続相談ステーション
イエステーションの賃貸イエス1 -クリエイト西武
西武池袋線(大泉学園駅・保谷駅・ひばりが丘駅)・西武新宿線(久米川駅・東
村山駅)の賃貸専門店
バイクに詳しいガイド紹介
2007年3月号 道路標識を語れるか!スマートライダー度数をチェック。安全運転はもちろんのこと、更なるスマートライダーを目指すなら、標識の意味ぐらいサラリと言えたほうがいい! どれくらい覚えているかセルフチェックを。
  たくさんのクルマやバイクが走行する道路交通網。そこに不可欠な道路標識。点在する標識を見て、すべての意味を言える人は少ないのでは。春のツーリングシーズン到来を前に標識の意味を再確認。メジャーな標識からあまり見かけないモノまで、12種をピックアップしたので、どれくらい覚えているかチェックしてみて。
(各標識イラストをクリックすると、答えの説明にジャンプします。)
ライダー泣かせの標識 絶対厳守の標識 レアな標識 ややこしい標識
細心の注意で運転標識 都心部でお馴染みの標識 激!要注意標識 雪国を感じる標識
路面が気になる標識 風が吹く日もある標識 ご当地アニマル出没か!?標識 ブレーキのサポート標識
二輪の自動車・原動機付自転車通行止め
ライダー泣かせの標識
二輪の自動車・原動機付自転車通行止め【規制標識】
バイクは通っちゃダメ!クルマが気持ちよさそうに走っていても、原付を含むバイクは通行できない。これには様々な事情がありそうだ。例えば、バイクの事故が多い、うるさいバイクが集まりそう、といった理由が推測できる。
追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止
絶対厳守の標識
追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止
【規制標識】

「はみきん」という愛称で教習所の教官から教えてもらった人も多いはず。この標識の下に「追い越し禁止」の補助標識がついていたら追い越すこと自体禁止。
最低速度
レアな標識
最低速度【規制標識】
表示数より遅い速度で走行してはいけない。ひと休みしたくなるようなビュースポットでも、最低速度以上で通過しなければ速度違反。ちなみに高速道路の最低速度は時速50km。
原動機付き自転車の右折方法(小回り)
ややこしい標識
原動機付き自転車の右折方法(小回り)【規制標識】
原付バイクは、他のクルマと同様に右折しなければならない。この標識とは逆に、「二段階右折せよ」を意味する標識もある。原付を利用するライダーは、できるだけ事前にチェックして安全運転を。
徐行
細心の注意で
運転する標識
徐行【規制標識】
すぐに停止できる速度で走行を。徐行運転とは、ブレーキを踏んでから1m以内で止まれる、時速約10km以下の速度で走行すること。
駐車禁止
都心部で
お馴染みの標識
駐車禁止【規制標識】
乗り降りする時間と、運転者がいつでも運転できる状態を除き、すべての車が駐車状態なのはご存知の通り。二輪車でも四輪車と同様のルールに従わなければならない。愛車を駐車する場所ではこの標識の有無を確認のこと。
車両進入禁止
激!要注意標識
車両進入禁止【規制標識】
車両の進入を禁止する標識。一方通行の出口や、中央分離帯で区切られた道路などに表示されている。この標識をうっかり見過ごして逆走しないよう注意。
停止線
雪国を感じる標識
停止線【指示標識】
道路が雪で覆われる地方で見られる。この標識を見つけると「ここは雪国なんだ。」としみじみするのは、関東育ちの私だけでしょうか。
すべりやすい
路面が気になる標識
すべりやすい【警戒標識】
路面が滑りやすいので運転に注意。凍結しやすい道路や、通年で湿気の多い場所で見ることができる。ちなみに沢沿いを走る木陰の道などには、路面にコケが生えているかもしれません。この標識を見つけたらペースダウンを。
横風注意
風が吹く日もある標識
横風注意【警戒標識】
強い風が吹く恐れあり。横風はバイクにとって思いもよらない事故の要因となる。この標識が分からなかった人は、しましまの鯉のぼりのイメージで横風注意を覚えよう。
動物が飛び出すおそれあり
ご当地アニマル
出没か!?標識
動物が飛び出すおそれあり【警戒標識】
このようなポーズで鹿が飛び出してきたら、鹿も私も大怪我しそう。地域により、サル、タヌキ、ウサギなど、動物の絵もさまざま。
下り急勾配あり
ブレーキの
サポート標識
下り急勾配あり【警戒標識】
勾配の数字は斜度によりことなる。「10%勾配」は、100m進むと10m上下する坂道。 見晴らしのいい下り坂、なかなか減速できない愛車の上でヒヤ汗をかく前に、勾 配にあわせたブレーキを心がけよう。
  道路で見かける道路標識は【案内標識】、【警戒標識】、【規制標識】、【指示標識】の4種類。黄色のダイヤ形でお馴染みの【警戒標識】。こちらは運転時の危険や注意を促している。また、最も道路の安全に欠かせないのは【規制標識】。この標識にはすべての運転者が従わなければならない。たくさんの車やバイクが走行する道路だからこそ、皆が交通ルールを守り、事故のない運転を心がけたい。安全運転と壮快なツーリングを楽しみたい大人ライダーなら、標識の意味を再確認してから出かけよう。
■道路標識(国土交通省道路局)のホームページはこちら
■道路標識何でもコーナー(株式会社キクテック内)のホームページはこちら
■国旗と道路標識のイラストフリー素材のホームページはこちら
←バイクに詳しいガイドの記事「目次」に戻る
No-scooter爲季忠嗣ガイド:No-scooter爲季忠嗣
プロフィール:愛車は大型スクーターに見えるHONDAのパシフィックコースト。よく「お!珍しいスクーターだね〜」と言われますが、「スクーターではありません!」。ですから、自らNo-Scooter(ノースクーター)と名乗ることにしました。
ガイド関連サイト:「ノースクーターズ ネットワーク」オリジナルヘルメットを紹介するサイト。詳しくはこちら
会社概要 お問い合わせ 採用情報 関連リンク リンクについて サイトマップ ショップの皆様へ プライバシーポリシー
Copyright (C) 2005 ASSET NET JAPAN Corporation. All Rights Reserved