『大型バイク駐車場』検索サイト

バイク駐車場検索は『BIKE CUBE JAPAN』

東京・神奈川・埼玉・千葉・関西近郊を中心とした月極バイク駐車場・バイクガレージ情報の紹介
会社概要 お問い合わせ 採用情報 関連リンク 関連リンク サイトマップ ショップの皆様へ プライバシーポリシー
駐車場一覧 ご契約の流れ ガイド記事 ガレージ購入
運営会社の紹介 事業用地募集 マスコミ トップページ
BIKECUBEって?
設置リクエスト
広告掲載について
バイクキューブのオーナー募集
バイクの盗難情報
キャンペーン情報
リンクについて
バイク駐車場ならBIKE CUBE JAPAN
相互リンクご希望の方は
こちらをご覧下さい
PR
一人暮らしStyle
ダイレクト賃貸
相続相談ステーション
イエステーションの賃貸イエス1 -クリエイト西武
西武池袋線(大泉学園駅・保谷駅・ひばりが丘駅)・西武新宿線(久米川駅・東
村山駅)の賃貸専門店
バイクに詳しいガイド紹介
2006年8月号 ポータブルナビをバイクにセット!ウィンカー付のGPSナビならバイクでも安心。小さなボディーにLEDライトウィンカーを搭載したお手頃価格のGPSナビゲーション。ツーリング先での情報端末としても大活躍の「迷WAN」を紹介。
GPSナビゲーションシステムに加え、MP3プレーヤーとフォトビューアー、動画再生機能を装備。
GPSナビゲーションシステムに加え、MP3プレーヤーとフォトビューアー、動画再生機能を装備。
   GPSナビゲーションをバイクに搭載できるポータブルナビ「迷WAN(マヨワン)」が、 5万9,800円で発売された。さっそく発売元のブロードゾーンからお借りして、使い心地 をチェックしてみた。

   特徴は本体に備えられた左右のウィンカーライト。運転中の利用者がナビの案内に気が 付くようLEDライトが曲がるべき交差点の1km手前から光り始める仕組み。ガイドを見落とさないよう工夫されているのが嬉しい。オービス設置地点の近くでは、ライトが赤色にフラッシュして安全運転を促す機能もある。3.5インチのタッチパネル液晶には、地図と目的地までの距離、到着予定の残り時間が表示されている。これならツーリングのよき相談役になること間違いなしだ。
「迷WAN」と「Mio- C310」はどちらも防水対応していないので、雨の日はバイクで使用しないように(2006/7/19撮影)
「迷WAN」と「Mio- C310」はどちらも防水対応していないので、雨の日はバイクで使用しないように。(2006/7/19撮影)
   入力方法は従来のカーナビと同様、住所や駅名検索のガイドに従って画面をタッチ。現在地周辺のファミリーレストランやコンビニなどの場所を把握できる周辺情報検索も便利。音声案内をイヤホンで聞ける出力端子も付いているので、バイク用のオーディオと組み合わせて使うのもよさそう。

   その使用感をプロミュージシャンでライダー歴14年の深井晶央さんに伺ってみた。
「バイクから本体を簡単に取り外せるのがいいね。このサイズならポケットに入れて持ち運べる。防水機能がないのが残念だけど、ゼンリン全国マップのナビゲーションだから旅行先での地図としても活躍しそう。」
アルミ削りだしマウントで「Mio-C310」をバイクに取り付けた様子。グローブをつけたままでも操作が楽なタッチパネル
アルミ削りだしマウントで「Mio-C310」をバイクに取り付けた様子。グローブをつけたままでも操作が楽なタッチパネル。

   販売セットには、シガーライターから電気を取れるコードと、車のダッシュボードに両面テープで設置できるステーが付く。その金具からの着脱はワンタッチといえるほど簡単。万が一の衝撃に備え、取り付け補強ネジも装備されている。バイク用ステー(ショートタイプ3,150円、ロングタイプ4,200円)を購入すれば、バイクと車の両方で1台のナビを使える。また10月下旬に防水カバーも発売される予定。

「Mio-C310」
もうひとつおすすめなのが、マイタックジャパンから発売されている「Mio-C310(3万8,900円)」。こちらには自動車・バイクの他、自転車と徒歩のナビモードが搭載されていて価格も3万円代。パワーポイントやエクセル、スケジューラーなどのPDA機能がプラスされた「Mio -P350(4万9,800円)」も発売中。

●紹介したGPSナビゲーション
◎「迷WAN」の詳細はこちら
◎「Mio-C310」と「Mio -P350」の詳細はこちら
←バイクに詳しいガイドの記事「目次」に戻る
No-scooter爲季忠嗣ガイド:No-scooter爲季忠嗣
プロフィール:愛車は大型スクーターに見えるHONDAのパシフィックコースト。よく「お!珍しいスクーターだね〜」と言われますが、「スクーターではありません!」。ですから、自らNo-Scooter(ノースクーター)と名乗ることにしました。
ガイド関連サイト:「ノースクーターズ ネットワーク」オリジナルヘルメットを紹介するサイト。詳しくはこちら
会社概要 お問い合わせ 採用情報 関連リンク リンクについて サイトマップ ショップの皆様へ プライバシーポリシー
Copyright (C) 2005 ASSET NET JAPAN Corporation. All Rights Reserved